yak11
この番組は
 厳選素材でたしかな味わい、みたらし団子と和菓子専門店【八雲だんご】
さまの提供でお送りしています。

rie02急にテレビみたいに…八雲だんごの宣伝ばっかりしてるから、ほら、サムネイルがお団子の画像ばっかりになっちゃったよ。


300_03トテモ オイシイ ヤクモダンゴ フウフ エンマン ヤクモダンゴ



rie02昭和初期のラジオコマーシャルみたいだ。



300_03オニヨリ ツヨイ ヤクモダンゴ



rie02とうとう鬼に勝ってしまった。敗北を知りたい。



グッスマからリンレンの新しいフィギュアが


300_03コレはなかなか斬新な…ボーカロイドってねんどろいどのイメージがありましたが、急に頭身が伸びた印象のさわやかジェネレーション。


鏡音リン Tony Ver.

鏡音レン Tony Ver.

rie02お、おおう…特典のタペストリーは転売行けるかな。



300_03ちなみにグッスマの商品は通常版の他に、オンライン限定バージョンがあるのはもう御存知ですね。 


rie02え、ああ、普段あまり意識してなかった。



300_03…アフィブログは紹介しませんものね。アフィリエイトできないから。



Amazonとヤフオク、どっちで売るのがお得?


300_03火曜スペシャル!Amazonの奥地に原住民ヤフーオク発見!



rie02川口浩か!



300_03今日は永遠のテーマ、Amazonとヤフオクの比較検証です。

300_03まず、Amazon向きの商品とヤフオク向きの商品がありますね。



rie02ああ、アウトレットでワケありだったりしたらヤフオクだよね。



300_03他にも在庫処分したいときはオークションの方が早いというメリットもあります。しかし今回は、敢えて条件を同じにして、どっちでどのくらいの値段で売ったらどれくらい儲けに差があるのかを試算してみましょう。

rie02この話題どこでも上がるけどさ、結局いくらで落札されるかによるんじゃない?Amazonより高く売れる時もあるって聞くし。


300_03そこで、ある程度条件を整えましょう。あなたがお客様だとして、Amazonより高い値段で入札しますか?


rie02しない。



300_03普通はそうでしょう。さらに送料が落札者負担なのが普通なので、その分を引いてさらにお得な金額しか入れないはずです。


rie02つまりヤフオクの方が損?



300_03いえ、問題は手数料です。Amazonは10から15%。さらにFBAともなれば400円程度は取られます。倉庫までの送料も積もればバカになりません。


rie02ヤフオクは送料向こう持ち、手数料は5.4%だもんね。(999円以下の取引は54円固定)


300_03そこで条件をこう整えました。



  • 商品は同じ値段で仕入れたものとする
  • Amazonの価格より、送料1000円とお得感1000円分を引いた額でヤフオクは落札されるものとする
  • Amazonの手数料はFBA込みで2割とする。
  • 売れるのにかかる日数は共に3日とする(倉庫管理費を計算しない)
  • オークションの送料は落札者負担とする

300_03これで試算してみましょう。



rie02なんでヤフオクは2000円低い設定にしたの?送料はわかるとして。



300_03最初、一割安い値段で計算したのですが、オークションで入札する時って定価の何割って意識して入れますか?転売じゃなくて個人で買う時に。

rie02いや…いくら安いか、だね。そうか10000円でも5000円でも1000円安かったらそのまま1000円得だって考えるわな。


300_03ええ、割合で考えてしまうとそこに誤差が出ると思うのです。実際、ヤフオクは10%安って計算したら金額が大きくなる程に、ヤフオクでの落札に定価からの乖離が大きくなってしまったのです。

実際に計算してみよう

300_03では実際に仕入れる時と同じように、Amazon価格、仕入れ値の順で検索して、Amazonで10000円で売られている商品を6000円で仕入れたとします。


Amazonの場合
総売上10000円 手数料2000円 仕入れ6000円
純利益2000円 利益率2割

ヤフオクの場合
総売上8000円 手数料432円 仕入れ6000円
純利益1568円 利益率1割9分6厘

rie02ヤフオクいけるやん!



300_03ですが問題は低価格商品です。今度は半額の5000円の商品を3000円で入れたとしましょう。



 Amazonの場合
総売上5000円 手数料1000円 仕入れ3000円
純利益1000円 利益率2割

ヤフオクの場合
総売上3000円 手数料162円 仕入れ3000円
純利益マイナス162円 利益率(マイナス)


rie02マイナス…だと…あの安心毛布をいつもかじっている



300_03それはライナス。このように、オークションは送料分安く引かれるのが普通なので、全体的な価格が安くなれば送料の分だけ安くされる割合が大きくなってしまうのです。 

rie02ぐぬぬぬ…じゃあ逆に高額な商品だったら?20000円の商品を12000円で入れてみよう!



Amazonの場合
総売上20000円 手数料4000円 仕入れ12000円
純利益4000円 利益率2割

ヤフオクの場合
総売上18000円 手数料972円 仕入れ12000円
純利益5028円 利益率2割7分9厘
 

rie02ついにAmazonを倒したぞ!



300_03いえいえ。良ーく考えてください。我々は今、大きな間違いを犯していますね。


rie02えっ。人類同士で殺し合っている事?



300_03そういう普遍的なやつではなく。Amazonの手数料です。以前にもお話ししましたが、FBAの手数料は容積毎に固定です。全体の何割で計算していません。ということは…

rie0220000円の商品で手数料4000円ってことはないかあ…



300_03例えばですが、ちょっと大きめのフィギュアでも432円程度です。ということはこのケースだと



Amazonの場合
総売上20000円 手数料2432円 仕入れ12000円
純利益5568円 利益率2割7分8厘


rie02り…利益率ではかろうじてヤフオクだけど、実際に入る金額はAmazonか。


300_03以上の試算から大雑把ですがまとめてみましょうか。




ヤフオクで売るべきケース
  • すぐ売れるかどうかわからない
  • 落札予定価格が10000円以上と高額
  • 送料がクリックポストなどで安く済む
  • CDなど、Amazonでの手数料が高いもの
  • 販売予定価格と仕入れ値の「実数での価格差」が大きいもの(利益率ではありません)

300_03の、どれか又は複数というところですかね。



rie02つまり、どういうことだってばよ?



300_03ヤフオクが勝っているところは手数料の安さです。手数料は割合で決まるわけですから、単純に総額が大きくなればお得感は増します。反面、固定の送料分の割合が大きくなるとすぐ赤字です。また落札と仕入れの金額が近い程に即ダメージになります。

rie02ああ、2000円の商品を1000円で入れても全然だよね。半額なのに。そこはFBAも同じだけど…あっそうか!


rie02FBAにするか自家発送にするかの選択肢をさらに自家側に寄せたのがオークションか!



300_03…とも言い切れませんけどね。FBAかどうかの判断は設定した送料補助と実費の差額が総売上に対しどれだけの割合を占めるかっていう話でもありますから。 そこは各自違うでしょう。

rie02うーん…高いものってヤフオクで売り辛いよねえ。10000円を超える落札って…そうそうないよね。 


300_03まあ、残念ながらヤフオクで売れば安くなってしまうのは仕方のないところ。だったらAmazonでその値段で売りますかって話ですけど、そうなるとまた手数料はAmazonの方がかかる。


300_03ただ、ヤフオクにはAmazonで売れないものを売れる、意外なものが高値になる、何より回転が速いというメリットもあります。資金力がなくても、翌月に振り込まれるのであれば即回していけますからね。利益率なんて低くたって勝負できるわけですよ。

300_03仕入れが出来ないのは在庫になるのが怖いからでしょう。ヤフオクの達人クラスであれば相当な数を回しているんじゃないでしょうかね。


rie02世の中…上手く(儲らないように)出来てるなあ… 



300_03「リスク無しで儲ります!」とか謳ってる連中が如何にいい加減かわかりますね。





というわけで、途中随分と乱暴な計算式が出ましたが、ケースバイケースの一言で片付けちゃうと毎回迷いますよね。大体Amazonではこの計算、ヤフオクではこう、だから今回はこっちとおおまかに決められる計算式があると便利です。私の場合はアマで仕入れ六割、金額に差があってもちょっと売れなさそうならオクとかですね。傷ものとかは全部オクです。
このシリーズは今後も研究していきたいテーマです。

引続きご支援をお願いします…!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 転売へ
にほんブログ村