突然で申し訳ないのですが、当ブログ管理人の身内に不幸がありまして、手続きなどで色々立て込んでおります。年明けからも少しだけ更新ペースが遅れるかも知れませんが、必ずいつものせどり幼稚園に戻しますので、2016年も引続きご覧頂けますと幸いです。

タバコでヤバいのは肺じゃない


タバコがやめられない皆さん。
自分の肺は丈夫だからと信じている皆さん。
タバコでやられるのは肺だけではありません。食べ物が通る「道」がやられます。

やられるとどうなるか。
癌が全体から「道」を蝕んで何も食べられなくなります。
最初は固形物が通らなくなり、やがて液体も通るだけで痛みが走り、むせかえります。
食べられなくなると栄養が入らないので、どんどん痩せて弱ってしまいます。

余命一年が、半年になり、一月になり、ある日突然、天に召されます。
これはもう頑張ってもどうしようもないのです。 
気合いとか強さとか、そういうものではないのです。

定期検診をしましょう


定番の言い回しですが、定期検診は大事です。ウチは癌の家系なのですが、祖母は毎年検査していたにもかかわらず、1回だけ検診に行けなかった年がありました。次に検診した時にはもう手遅れでした。
できたら、年に複数回の検診をお勧めします。

自営業の方は特に、御自身をいたわってください。
誰も助けてくれないし、社会保障も自営業には冷たいです。十分な備えがあるなら良いのですが、ウチは葬式の見積もりを見て打ちのめされました。大体300人くらいの参列者で行うのがウチのしきたりなのですが

枕元にお花を置きましょうか。ハイ一万五千円。
お返しはお菓子にしましょうか。ハイ80万円。
葬儀の受付には四人ほど必要ですね。ハイ10万円。

こんな感じでどんどんオプション料金が加算されていきます。
戒名には50万円とられます。祖父の時に戒名が気に入らなかったので付けなおしてもらったら60万円取られました。坊主は必ず「お気持ちだけで」って言いますが、お気持ちという商品は50万円が相場なのだそうです。

先日、Amazonでは出張お坊さんサービスを販売しようとしたところ、本職のお坊さん達からクレームがついたそうです。聖域なんですね。
 
しかしどんな商品よりも大切で、値段がつかないもの、それは皆さんの命です。
どうかタバコは控えめに、体をいたわってください。

最後の方は本当につらかったですから、天国では沢山の食事が出来ることを祈っています。

TKGsis01 
彼に神のご加護がありますように