0206_06

ツイッターの広告にやたらと出てくるあの広告、吐き気がするほどしつこいですよね。もう広告見ただけで大体分かる内容を手を変え品を変えツイートしてきます。皆さんのストレスを少しでも私が代わりに引き受けるため、実際にあの本を買ってみました。駿河屋で。今日の記事はその内容についてです。



1806_rie_04最近のツイッター広告ひどくない?ずっとエロ広告とインチキアフィリエイターの吊り広告なんだけど。



1806_sis_01特にストレスを感じるのが「オススメだよ」とか「すぐヤれた!」とかあたかも口コミであるかの様に書かれてるんですよね。



1806_rie_02それだよ!そんなん信じると思ったのか?買ってください!クリックしてください!って書けばまだいいのにさあ…「今すぐRTしたくなる話」とか張り倒してやりたい。





0206_tw


1806_sis_01というわけで今回の体験企画は「この広告がウザい大賞」として中でも特別にうっとおしいあの広告の漫画を駿河屋で買ってきました。



1806_rie_02マジか。





 

タイトルは「クビでも年収一億円」(コミック版)でした



 IMG_3107


1806_rie_02タイトルからして釣ってんなー。




1806_sis_01会社をクビになった人がどうやって一億円を手にしたのか?という本だと思うじゃないですか。




1806_rie_02うん。その一億円を手にする方法が書かれてるんじゃないの。




1806_sis_01では読んでみましょう。





五分で終わる本書の解説


1806_sis_01まず、この本を読み終えるのにかかった時間ですが、五分です。




1806_rie_03はええな!




1806_sis_01とにかく内容がないんですよ。ひたすら「サラリーマンは駄目な連中だ。会社は矛盾だらけだ。」って繰り返してるだけ。同じ内容を何度も何度も言い方を変えて強調してるだけです。



1806_sis_01まず最初に飛び込んでくるのが「本書をおすすめする町の人の声」です。





1806_rie_01は?なんで本を作る前から評判が書かれてるの。




1806_sis_01この本はコミック版ですが、原作を読んだ方の感想、という体で書かれているようですね。






0206_01

健康食品のCMの如く続く自画自賛が見開き2ページ。(ちなみに人間関係を改善する方法は全く書かれていません)




1806_sis_01要は立ち読みしてる人が買いたくなるように、ということではないでしょうか。




1806_rie_02クソみたいな自演はいいから早く始めろ。







0206_05

ひたすら会社と社会の悪口


1806_sis_01ストーリーとしては、主人公は一流企業に努めている傍ら、副業のネットビジネスで年収が一千万円を超えていました。



1806_sis_01ところがそれを上司に注意され、ブチ切れて会社をやめます。




1806_rie_02ちょ、ちょっとまてちょっとまて。




1806_rie_02タイトルだとクビになった後で一億円稼いだみたいに読めるけど、何こいつ、最初から一千万円を超えるスケールで副業してたの?



1806_sis_01ええ。だから会社なんてこっちから辞めてやるよっていう話です。




1806_rie_02まずこの時点で興味半減したな…。





本書の趣旨は会社務めを完全否定すること


0206_02
とにかくひたすら会社と社会の構造を罵り続ける内容


1806_sis_01全部で143Pから構成されていますが、実際には88Pまで会社と社会の悪口です。




1806_sis_01上司が汚い、会社が汚い、給料は上がらない、この世界はダメだ…などなど、読んでいる人をひたすら不安にさせようと煽ってきます。



1806_rie_02子供かよ。






0206_03

1806_rie_02これな、ン十年前から同じこと言われて今も続いてんだよね。私も営業の研修ですげえ言われた。



1806_sis_01ほう。その会社はどんなものを売ってたのですか?




1806_rie_02インチキパソコンスクールだった。今は形を変えて市民講座みたいなとこで細々してるよ。




1806_sis_01あなたを営業で雇ってしまうくらいですからねえ。ひどい会社だったのでしょう。




1806_rie_03失礼だな!パソコンスクールの講師として応募したんだよ!




1806_sis_01なおひどい。




1806_rie_03いいから!一億円稼ぐ方法を早く説明せえよ!!





その辺の情報発信()さまと全く同じ手口


1806_sis_01この先は別に読まなくてもいいです。





1806_rie_03いや一番大事だろ!!ここまでは長い長い前フリだろ!




1806_sis_01まあお決まりのパターンですよ。






1.私はずっと貧乏でした…
2.転売で稼ぎました!
3.ネットショップで無在庫販売しましょう!
4.メルマガで情報商材売りましょう!

0206_08
中国から引っ張ってきたクソみたいな生活雑貨でしょうか




0206_04

最終的には情報商材を売れといういつものパターン


1806_rie_01…は?




1806_rie_02そんなもんそこらじゅうにあるじゃん…ブログランキングの上の方、明らかに操作してる連中がウヨウヨいるじゃん…そいつらの言ってることと一緒じゃん…



1806_sis_01だから読まなくていいって言ったんですよ。




1806_sis_01しかも堂々と「代金を頂いてから仕入れをすればいいのでノーリスク」って書いちゃってるんですよ。





0206_07
いらないことないだろふざけんな



1806_rie_04死屍累々のドロップシッピングかよ。






皮算用がすごい


1806_sis_01本書ですごいなと思ったのはその計算ですよ。日本中の人から一円ずつもらったら1億円だよねと言わんばかりの皮算用。





0206_09
ありませんよね!!



1806_rie_02すげえな。100人中10人がクリックして買ってくれる。その比率でずっと増え続けるんだって。




0206_jojo



情報商材屋、コーチ屋の根本的矛盾


1806_sis_01というわけで、例のウザい広告は結局情報商材屋が自分の動画に誘導するための広告の広告というオチでした。本の奥付にはアドレスも載ってました。



1806_rie_02あとはお決まりのコンサル、セミナー、高額塾か。




1806_rie_03どいつもこいつもちょっと転売かじったらすぐ「情報発信」って言い出す。それこそが自分はこの道では稼げませんって自白してるようなもんだよ。



1806_sis_01まあどんな職業を選ぼうとその方の勝手ですがね。それよりも考えてみてください。




1806_rie_02ラーメンつけ麺の人は社会復帰できるかどうか?




1806_sis_01違いますよ。情報発信の人は「儲かる方法を教える方法を教えてる」んですよね。




1806_rie_02うん。




1806_sis_01じゃあ実際に「儲かる人」はどこにいるんですか?




1806_rie_02そりゃあ…現場で色々仕入れて売ってる人…




1806_sis_01その人達が「このままでは不安だ、情報発信しよう」っていってコーチ屋になるんでしょう。みんなでコーチばっかりしてて誰が実際に売ってるんですかって話ですよ。選手よりコーチが多いなんてそんな馬鹿な業界が栄えるはずがない。


1806_sis_01サラリーマンよりコンサルの方が多いなんて社会ないでしょう。




1806_rie_02だよねえ。本当に儲かるならゴールは「自社ショップが儲かる」ことになるはずだもんね。




1806_sis_01本書の問題点としては、無職になっても一億稼ぐ方法を教えるというタイトルで釣っておいて、その具体的な内容はダイジェスト版みたいな皮算用しか見せてないという点です。



1806_sis_01それと、会社勤めの人を散々バカにしてサラリーマンは異常だとまで本書では言い切っていますが



1806_sis_01そのサラリーマンのお陰で社会が回っているということを忘れてはいけません。独立した人だけが偉いわけではないんです。




1806_rie_04絶賛炎上中のお金の奴隷解放宣言だ!w




1806_sis_01独立したいなら一人でこっそりやればいいんですよ。それを「金の奴隷たちに告げる!俺様は賢いので独立する!」などと言う必要はないのです。 



1806_rie_02もう私が言いたいことはただ一つ。




1806_rie_03もう十分儲けただろ!ツイッターに広告出すのやめろ!!






 引続きご支援をお願いします…!

人気ブログランキングへ